INSIGHTS

リテール IoT に関する専門的なアドバイス

商取引テクノロジーの最適化に役立つ記事、アイデア、便利なツールをご紹介しています。業種に関連した情報や、リソースの種類ごとにフィルターをかけてご覧ください。
絞り込み
選択したフィルター
ニュース

2023年上半期の業績を発表、目標を上回る結果

リテール実店舗向けデジタルソリューションの世界的リーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)は、2023年上半期(1月~6月)の業績を発表、目標を上回る実績を達成しました。 2023年第2四半期売上高:€221m(前年同期比 33%増) 2023年上半期売上高:€380m(前年同期比 33%増) 12ヶ月間売上成長率:41% €715m 2023年上半期VAS[1] 売上高:€53m (+18%)、総売上高の14%  上半期受注実績:€518m (+35%) 通期ガイダンスに沿ったパフォーマンスおよび見通し 販売実績(€m)   EMEA   その他地域   合計 2023年上半期   317.1   63.0   380.1 2022 上半期 221.3 64.6 285.9 変動 (%)   +43.3%   -2.5%   +33.0% 2023年 12か月間   582.5   132.6   715.1 2022年 12か月間 381.2 124.7 505.9 変動 (%)   +52.8%   +6.3%   +41.4%               受注実績(€m)   2023   2022            % 上半期   518.0   385.0   +34.5% 12か月間   818.0   677.0   +20.8%   SES-imagotag 会長 兼 CEO ティエリ・ガドゥ(Thierry Gadou)は次のように述べています。 「発表した通り、2023年度上半期はSES-imagotagにとってさらに記録を更新する業績となりました。当期中の売上高は、公表されている目標に沿って30%以上増加しました。2023年上半期の受注総額は5億ユーロを超え、ウォルマート社との大型契約を含む米国での複数の受注に後押しされ、ダイナミックに増加しました。SES-imagotagの2023年度上半期の販売実績は、小売業者にとって厳しい環境にもかかわらず達成されました。このような経済的現実は、新規投資にマイナスの影響を及ぼしていますが、同時に、当社のソリューションの戦略性が高まり、顧客に受け入れられていることを反映しています。利益率もプラスに推移しており、収益性を継続して向上させることができました。SES-imagotagは、2023年通期の売上目標である8億ユーロを達成し、特に米国での事業の加速に牽引され、2024年も堅調な成長軌道を維持すると見込んでいます。」 [1] VAS = ソフトウェア、サービス、非ESLソリューションからの収益。VASは付加価値ソリューション&サービスの頭文字。VASの収益には以下が含まれる: VUSIONソフトウェアのライセンスとSaaSプラットフォーム、保守契約、プロフェッショナルサービス(設置、セットアップ料、プロジェクト管理、カスタムソリューションのエンジニアリングサービスなど)、カメラ、センサー、SaaSからのCaptana収益、PulseとMemory データ分析 SaaSプラットフォーム、Engageソリューション(ビデオレール、デジタルサイネージ、V-ads SaaSプラットフォーム)、産業用IoTソリューション(PDi Digital)。   2023年第2四半期および上半期の売上高が過去最高を更新 発表の通り、2023年第2四半期の売上高は2億2,100万ユーロと初めて2億ユーロの大台を突破し、前年同期比33%増となり、新記録を樹立しました。第2四半期の受注実績は前年同期比38%増の2億9,700万ユーロとなっています。 2023年上半期の売上高は前年比33%増の3億8,000万ユーロとなり、通期目標に一致した。2023年上半期の受注実績は前年同期比35%増の5億1,800万ユーロとなり、米国での受注に牽引されています。 この業績は、高インフレ、数量ベースでの消費減少、利益率の低下圧力など、小売業者にとって厳しい環境にもかかわらず達成されました。   世界のリテール業界を取り巻く環境は厳しく、VASの伸びは鈍化(18%増) 2023年上半期に直面した困難な経済状況にもかかわらず、小売業者は進行中のプロジェクトに電子棚札(ESL)[2] を引き続き導入しました。しかし、一部の小売業者がイノベーションプロジェクトのペースを調整・延期したため、上半期に18%増加したVAS売上高の成長率は低下しています。VAS売上高の経常部分は引き続き力強い成長を続けていますが、新規プロジェクトの売上高はわずかに減少しました。一方、ESLの売上は2023年上半期に36%増加し、VASの売上比率は14%となっています。 [2]


ケーススタディ

スウェーデンの世界的家具小売企業が電子棚札を採用へ

スウェーデンのグローバル家具小売企業が、欧州6カ国の110店舗でVUSION IoT Cloud プラットフォームと電子棚札の導入を決定 実店舗向けデジタルソリューションの世界的リーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)は、世界最大クラスの家具小売業者がVUSION IoT Cloud プラットフォームおよびスマートラベル(電子棚札)の導入契約を締結したことを発表しました。この契約の第一弾は、欧州6カ国の110店舗以上に及びます。 この導入契約は、過去数年間に両社が築き上げたパートナーシップに基づくものです。SES-imagotagが開発したソリューションは、小売業者の店舗のデジタル化において重要な役割を果たし、店舗でのより良いお買い物体験を提供します。また、店舗をeコマース戦略の中心に据えた持続可能なビジネスモデルへの転換、より迅速なデジタル変革を可能にします。両社は協力して、グローバルリテール企業特有のハードウェアとソフトウェアのニーズに合ったソリューションを開発しました。 VUSIONプラットフォームにより、小売業者は店頭で買物客とつながり、店内でデジタルサービスを提供することで、買物客の体験を向上させ、かつ全体的な満足度を向上させます。店員は業務自動化により店舗での作業時間を節約し、より付加価値の高い業務に集中できるようになります。また、オンライン注文の店舗でのフルフィルメントの生産性も向上します。さらに、VUSIONはArubaが管理する既存の店舗内無線インフラとシームレスに統合されるため、スピーディで簡単な設置、投資と運用コストの削減、二酸化炭素排出量の削減にもつながります。 SES-imagotag EMEA シニアバイスプレジデント Sébastien Fourcyは、次のように述べています。 「このパートナーシップは、当社の戦略が市場に勢いをもたらしていることを明確に示すものです。リテール企業はどこであれ、実店舗を高価値のデジタル資産へとシームレスに転換し、自動化、データ駆動、サプライヤーや消費者とのリアルタイム接続を進める必要があります。私たちのVUSIONプラットフォームは、それを可能にするものであり、このような世界的な一流小売企業とオムニチャネルおよびサステナビリティ戦略で協力できることを誇りに思います。私たちは彼らと非常に緊密なパートナーシップを築いており、今回の勝利は、私たちの独自の資産と専門知識、そして革新的なソリューションポートフォリオによる価値を明確に評価したものです。私たちは、ホームウェアリテールセグメントにおける市場浸透を高めると同時に、ヨーロッパにおけるリーダーシップを強化できることに興奮を隠せません。」


投資情報

最新のプレスリリースを見る


Picto Vusion 3x2
記事

SES-imagotag unequivocally rejects second part of Gotham City’s inaccurate and deliberately misleading publication

SES-imagotag (“the Company”) today released its unequivocal rejection of the allegations made by Gotham City (“GC”) throughout their second publication, which was designed solely to enable the short-seller to profit


ニュース

AI主導分析で店舗を最適化するソリューション「Pulse」を国内提供開始

実店舗向けデジタルソリューションのグローバルリーダーであるSES-imagotag(エスイーエス・イマゴタグ、ユーロネクスト:SESL、FR0010282822)は、リテール向けインテリジェンスソフトウェア Pulse(パルス) の国内提供を開始すると発表しました。Pulseは AI 主導のデータ分析ソリューションであり、小売業者が運用改善すべき領域を特定し、店舗廃棄物を削減し、かつ店舗の利益と環境への影響を最適化するのに役立ちます。現在、400近くの店舗が、英国とアイルランドでPulseをリテール・インテリジェンス・ソリューションとして使用しています。 多くの店舗では、日常の店内業務を改善するための関連情報が不足しており、日々労力と費用を消費しています。PulseはPOSデータ、商品棚リアルタイム監視ソリューションCaptana 用小型カメラを含むIoTデータ、ESL(電子棚札)、サードパーティから得たデータなどを組み合わせ、これらの課題解決に貢献します。また、廃棄物と製品のセルスルーを分析し、最も重要な領域に関する推奨事項を生成し、店舗の収益を改善します。このソリューションは、店舗フロアで改善キャンペーンを自動的に実行および測定することもできるので、既にVUSION IoT Cloudプラットフォームを導入している14,000を超える店舗にとっては、データ構築と分析に基づいた『インテリジェントストア』への転換機会ともなります。 SPAR、Daybreak、CarePlus Pharmacy、Morrisons Daily、Mace、Budgens、Londis、WHSmithなど、Pulse AI分析を使用した顧客は、粗利益率が最大+2%増加、廃棄物が-30%削減され、特定された製品の売上が+20%増加しました。 【特長】 店舗単独(またはチェーン)全体で製品のパフォーマンスを監視し、ギャップを特定します。Pulseは、損失量を減らすことができれば、廃棄リスクがある製品を特定します。このシステムは、詳細な売上と廃棄物の概要を比較すると同時に、特定の期間に最適な注文数量ないし製造数を推奨します。 プロモーションやその他の店舗内アクティビティ(マーチャンダイジング、リフィット、マーケティングキャンペーン)の影響を測定し、小売チェーンの一部としての店舗と店舗単独、製品と製品、または地域レベルでの詳細な比較機能を使用して、予測マージンと実際の利益を対比します。 ESLにメッセージングを適用することにより、製品の販売または店舗管理を改善します。PulseからESL (電子棚札)にスタッフ向けメッセージを表示することによって、廃棄物が多い、価格が高い、競合他社と比較した価格設定、店舗で販売されていない製品、販売が遅い製品、ギャップ分析、売上の減少など、自動化された洞察と推奨事項を送信します。 ESLメッセージングプッシュ機能を使用して店舗のESGイニシアチブを拡大します。PulseはESLを通じて高サステナビリティな製品やローカルな製品を明示し、顧客が店舗内でより持続可能な選択を行うよう支援します。 英国初の完全IoT搭載VUSION 360ストアであるKavanagh‘s Belsize Park店では、HowGood(ハウグッド)のような革新的なソリューションを利用してESLにサステナビリティを顧客に明示し、同時に低炭素小売のパイオニアを支援しています。消費者の55%が持続可能性の主張でラベル付けされたアイテムを購入する可能性が高いため、店舗はグリーンインテリジェンスを利用して、責任を持って生産された製品に持続可能性の属性を表示し、買い物客の間でより環境に優しい購入パターンを促進することができます。 【機能性】  Pulseユーザー向けUXとUIの改善:ユーザーエクスペリエンス(UX)とユーザーインターフェイス(UI)を誇り、全体的なエクスペリエンスを向上させるより洗練されたモダンなデザインをユーザーに提供します。 強化されたインサイトとトレンド記録:アップグレードされたインサイトが満載されており、より詳細な情報と、高度なドリルダウンおよび予測機能が提供されます。 オールインワン360ダッシュボードビュー:取引データを監視し、包括的な360ダッシュボードビューを通じて、IoTの健全性を最新状態に保つための一元化された情報源を提供します。 ネクストレベルの分析 および レポート:すべての関連データを1つの画面に統合した単一のトレーディングウォッチを備えており、ユーザーは重要な情報に一目で簡単にアクセスできます。 フロアメッセージングでインサイトを通路に接続:小売業者は、店員が効率良く行動できるよう、ESLを介してコールアウトをショップフロアに直接送信できるようになりました。この追加機能により、店舗内の業務が合理化され、従業員は在庫、価格、廃棄物、製品など、行動を起こす必要のある洞察を得ることができ、最終的には顧客の全体的なショッピング体験が向上します。  SES-imagotagでグループ戦略、マーケティング&コミュニケーション担当SEVPを務めるRoy Horganは、次のように述べています。 「どの店舗も日々業績に奮闘していますが、私たちは支援することができます。Pulseは、店舗のパフォーマンスを向上させることを目的としています。店舗のデータを取得し、さまざまな分野にわたる洞察を生成します。製品の廃棄レベルが高い場所と、製品が売上の面で物事を遅くしている場所を特定します。さらに、Pulseはデータを使用してESLにメッセージを自動的に表示、売上の増加や店舗運営の改善に貢献します」 Kavanaghでグループ マネージングディレクターを務めるNoel Kavanagh Jr.氏は、次のように述べています。 「 Pulseを使用することで、廃棄物を削減しつつ可用性を高め、店舗全体の収益性を向上させることができます。これは信じられないほどの前進です。当店は、毎日現地で調理される生鮮食品に重点を置いています。我々はそれを最先端のテクノロジーと結びつけ、Pulseを使用してビジネスを推進し、店舗全体の製品のパフォーマンスを監視し、プロモーションキャンペーンの影響を測定、ESLにメッセージングを適用して店舗管理を改善する方法は本当にエキサイティングです。我々は始まりに過ぎず、テクノロジーは非常に感動的ですので、他の小売業者にもお勧めします」 Pulseの詳細については、https://www.ses-imagotag.com/ja/pulseをご覧ください。


記事

北米地域でのリテールソリューションの展開について


us expansion
カテゴリーなし

Actions taken following the Gotham City Report – H1 2023 performance

In addition to the press release issued by SES-imagotag on June 26, 2023, emphatically refuting the erroneous and deceitful allegations made in the Gotham City Report published on June 22,


カテゴリーなし

Press Release further to the release of the Gotham City Research Report

SES-imagotag has learned of the report published this morning by Gotham City Research, under the title “SES-imagotag: The Circular Dance with a Chinese Twirl.” SES-imagotag’s Board of directors considers unanimously that


記事

ウォルマート本格運用に向けて新しい契約を締結

SES-imagotagは、戦略的パートナーシップの合意から1年後の4月27日、米国 Walmart(以下 ウォルマート)と新たに契約を締結し、数百店舗で最新世代のVUSIONプラットフォーム(以下 VUSION)の本格運用を開始したことを発表しました。 この契約により、今後12~18ヶ月の間に第一段階として500カ所にVUSIONを展開し、ウォルマートの店舗群の中でさらに拡大する機会を得る予定です。 特許取得済の革新的技術 VUSIONプラットフォームは、SES-imagotagが10年以上にわたる研究開発プログラムを通じて開発しました。2013年には早くも最初の特許を出願した、最新世代のVUSIONをウォルマートが初めて導入することになります。新しいVUSIONは、棚のデジタル化を進める革新的技術を備えています。 主な長所 接続性と動力を兼ね備えたスマートレール 性能を向上させたバッテリー不要の電子棚札 QualcommとBluetooth Special Interest Groupが共同開発した、超低消費電力のBluetooth規格に基づく新しい転送プロトコル対応 ISO 27001規格に準拠し、主要な無線アクセスポイントや技術にネイティブ統合された、安全性と拡張性の高いクラウドプラットフォーム(インフラ不要) 互換性のあるデバイスとの高度な相互運用性に基づく、BLE対応の新機能 ウォルマートコメント ウォルマートのシニアバイスプレジデントであるJohn Crecelius氏は以下のように述べています。 「店頭での価格表示ラベルの変更は重要ですが、スタッフにとっては時間がかかる作業です。我々は、このような価格変更を電子的に管理できるデジタルソリューションをテストしています。これにより、従業員はより多くの時間をお客様のために使うことができ、最終的にお客様全体の体験を向上させることができます」 SES-imagotag コメント SES-imagotagのSEVPおよび 北米 CEOであるPhilippe Bottineは次のように述べています。 「この新しい革新的なプラットフォームは、世界の小売業をリードする企業との提携により、業界の標準やユースケースを再定義し、物理的な商取引のオムニチャネル化に向けて無限の可能性を開くことになるでしょう。これらのテクノロジーが大規模に実現する店舗のデジタル化によって、実店舗が非常に効率的で、よりインタラクティブとなり、明日のハイブリッドリテールの中核として、地域と低炭素なeコマースビジネスモデルにとって決定的な資産となることができます」


記事

シスコのエコシステムパートナープログラムに参加

SES-imagotag 日本オフィスは、米国を拠点とする世界最大の通信機器メーカーの一つであるシスコシステムズ合同会社が提供する「エコシステム パートナープログラム」に参加することを発表いたしました。 シスコエコシステムパートナープログラム 本プログラムは、特定領域においてユニークなビジネスアプリケーションやノウハウを有する企業と、シスコが持つネットワークテクノロジーやソリューションを融合し、その他にもAPI やプログラマビリティなどの連携によって、お客様のDX(デジタル トランスフォーメーション)の可能性と価値を拡げることを目指します。 高品質なIoTデバイスとネットワーク技術で店舗DXを促進 SES-imagotagは、シスコの高品質なネットワーク技術をベースに、クラウド上から管理が可能なWi-Fiやルーティング、セキュリティにおけるリーディング製品として知られる「Cisco Meraki(以下、Meraki)」と、当社の電子棚札および小型ワイヤレスカメラ ShelfEye、レールサイネージ Engage Railを組み合わせる事により、リテール実店舗の商品棚における価格設定の俊敏性、効率性を向上させると同時に、欠品を自動で検知し、店舗従業員に即時商品補充を促すソリューション Captana(キャプタナ)の提供が可能となります。 ネイティブ統合で効率的な環境構築 当社のVUSIONソリューションとMerakiは、統合したひとつのプラットフォームとして提供が可能なため、追加の専用のアクセスポイントなどが不要となります。ネイティブ統合により追加のハードウェアを購入する必要がなく、小売業の店舗における投資効率を向上させます。同時に、多用な利用を可能とするプラットフォームとしての提供が可能となり、小売業のDXの推進に寄与します。 また、従来棚札として使用されていた紙の消費を抑制し、二酸化炭素排出量を削減し、持続可能な事業運営にも貢献します。 シスコ社のコメント シスコシステムズ合同会社 執行役員 法人事業統括 服部 正明氏 小売業の実店舗のDX化を推進するための電子棚札やIoTソリューションのリーディング・カンパニーであるSES-imagotag社との連携が始まる事を大変嬉しく思います。実店舗に設置される「Cisco Meraki MR」とSES-Imagotag社の電子棚札や、IOTデバイスの統合を実現する事により小売業様の実店舗における従業員の方々の生産性の向上、店舗運営の効率の向上の実現を目指し、ともに推進してまいります。 シスコについて シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコはインターネットを支えるテクノロジーにおいて世界をリードしています。グローバルにインクルーシブな未来の実現に向けて、シスコはお客様のアプリケーションを再構築し、セキュリティを確保し、インフラストラクチャを変革し、チーム力を高めることで、新たな可能性を生み出します。シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトで参照いただけます。 シスコ社ウェブサイト シスコエコシステムパートナーポータル


お客様の店舗をよりスマートで効率的なものにするお手伝いをいたします。
This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.