Back to insights
記事 | 7月 3, 2023 | 4 読む時間

北米地域でのリテールソリューションの展開について

Link to facebook Link to twitter Link to linkedin
us expansion

実店舗向けデジタルソリューションの世界的リーダーであるSES-imagotagは、コンビニエンスストア、食料品小売店、ホームセンターなどのリテールにおける新たな展開契約を発表しました。Walmartの発表に続き、前期に獲得した契約により、北米におけるインストールベースは約6,000店舗となり、同地域におけるSES-imagotagのリーダーとしての地位が強化されます。

米国の大手コンビニエンスストアチェーンが800以上の店舗にVUSIONを導入

SES-imagotagは、米国最大級のコンビニエンスストアチェーンと、VUSION IoT Cloudプラットフォームスマートラベル(電子棚札)を800以上の店舗に導入する契約を締結しました。両社の契約は今後12~18カ月に及びます。VUSIONは、価格や販促を一元的に自動化・管理し、業務を効率化することで、同小売チェーンの店舗管理を改善します。同時に、小売業者はIoTを常時一元管理・監視できるクラウドを活用できます。

大手地域食料品リテールに展開、スーパーマーケット350店舗に到達

SES-imagotag は、前述のコンビエンスストアチェーンに加え、米国最大手の地域食料品店の1社と新たな契約を締結し、合計350店舗に展開することになりました。VUSIONを活用することで、顧客は手作業のプロセスを自動化し、従業員をより価値の高い顧客対応活動に集中させることができるようになりました。

非食品専門店250のショールームで新規展開

米国の大手ホームセンターもSES-imagotagのVUSION IoT Cloud プラットフォームと電子棚札を採用し、全国250以上のショールームで顧客体験を強化しています。SES-imagotagが提供するIoTソリューションを活用することで、この小売業者はリアルタイムの商品価格、在庫状況、詳細な商品情報を通じて、より直感的なオンラインからオフラインへの買い物体験を顧客に提供します。

SES-imagotag 北米 CEO Phillippe Bottine は次のように述べています。

「北米における当社の成長は上半期に加速しており、総合スーパー、食料品店、コンビニエンスストア、専門店など、さまざまな業種にわたっています。当社の北米戦略の重要な要素であるWalmartとの大型契約に加え、ポテンシャルの非常に高いコンビニエンスストア市場への参入、戦略的市場である地域食料品店への進出をさらに加速させること、そして、急速に拡大する当社の顧客ポートフォリオに加わる新たな専門小売市場へのさらなる進出を特に楽しみにしています。北米は、今後数年間、当グループの成長の大部分を集中させ、Vusion 27戦略計画の達成に決定的な役割を果たすでしょう。」

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.