Sustainable retail
Postitive commerce

持続可能なリテールへの貢献   

廃棄物を削減し、温室効果ガス排出を回避しながら、作業効率と在庫管理を向上させることが当社の目標です。優れたデータ、IoT、自動化ソリューションにより、ローカルEコマースを推進し、実店舗でオンライン購入を実行する小型の物流センター(マイクロフルフィルメントセンター)を構築します。

icon sustainability VusionGroup
Sustainable Retail KPIs

持続可能な店舗づくりで社会に良い影響を 

スマートで効率的なテクノロジーを駆使し、事業戦略全体でパワフルなESG戦略を実現し、かつリテールをより持続可能なものにします。以下に、私たちの持続可能なコミットメントとパフォーマンス指標をご紹介します。

リテールの脱炭素化
212,152 kg
プラチナ
1 900 000
リテールの脱炭素化

温室効果ガス排出の回避

当社のソリューションによりGHG排出を回避できる可能性が向上

212,152 kg

段ボール使用削減  

毎年、製品出荷時の梱包の効率化を推進 

プラチナ

EcoVadis 評価 2023

企業の持続可能性を評価するグローバル スタンダード 

1 900 000

2023年 リサイクルされた棚札

責任ある消費と生産プログラム


気候に配慮したリテールとは?

Foret
持続可能なeコマース

小売店舗をeコマースセンターに変換

当社の技術を活用し、既存の実店舗をオンライン用の効率的なフルフィルメントセンターに変えることで、持続可能なeコマースソリューションを提供し、最大0.5GTのCO2排出を回避することが可能です。

もっと詳しく知る
In store picture retailers
Carbon reduction

温室効果ガス(GHG)排出を回避してリテールの脱炭素化を実現するソリューションの仕組み

今後数年でバッテリーレスIoTによる超省エネソリューションが実現

今後数年でバッテリーレスIoTによる超省エネソリューションが実現

当社の研究開発は低エネルギーシステムに重点を置いており、特許の40%以上が省エネ関連

サーバーレス/インフラレス ソリューションにより、追加インフラを回避

実店舗を活用してマイクロフルフィルメントセンターを構築することで、受注倉庫の建設を回避

当社のテクノロジーはMicrosoftのAzureクラウド上でホスティングされており、2025年までにデータセンターの100%を再生可能エネルギーで賄うことを表明

2027年までに炭素排出量を40%削減することを約束

ESL Promo Pepper
Food waste reduction

食料品廃棄物の削減

Smartway 社との提携により開発された Smartdetection Flash Evo は、店頭で賞味期限の短い商品を検知するソリューションで、賞を受賞しました。点滅するラベルが賞味期限切れ間近の商品を知らせ、4分以内に500以上の商品をチェックして値引きすることができ、現場で商品を確認したり取り除いたりする時間を節約できます。 

ESL
Our customers

“SPAR、VusionGroup、Wastelessを組み合わせることで、食品廃棄物を減らすと同時に、販売率を向上させ、収益を改善することができます。”

David Kat

SVP Business Development of Wasteless — Sell More, Waste Less

ESL Vusion OS Picture
Reduce, reuse, recycle

ESLのリサイクルとカーボンフットプリントの削減   

当社の電子棚札は、修理、再調整、再生、リサイクルを可能にするエコ設計です。リサイクルされたESLは入念に検査され、「セカンドライフ」ラベルに再利用できる部品を回収します。 また、出荷に使用される梱包材の量も減少し、2023年には前年比で年間21万2152kgの段ボールを節約することができました。  

Our ESG Report

持続可能な戦略へのコミットメントを見る

当社のポジティブな商取引に関するロードマップについてもご覧ください。  
Picto & Data Picture
企業方針

サプライチェーン全体で持続可能性を推進する方法を習得

サプライチェーンが持続可能であることを保証するため、当社はすべてのサプライチェーンを評価しています。

環境政策

詳細を見る

RoHSおよびREACH に関する方針

詳細を見る

持続可能な調達と購買方針

詳細を見る

紛争鉱物に関する方針

詳細を見る

VusionGroup ポジティブな商取引およびESGに関するよくあるご質問

実店舗をデジタル資産に転換し、デジタル技術導入促進に寄与し、このセクターの経済的健全性を維持します。 

商取引のデジタルトランスフォーメーションを低炭素で持続可能なものにすることで、環境を保護します。当社のソリューションの多くの導入事例が示している通り、お客様の二酸化炭素排出削減とそのほか問題回避を目指します。 

人権保護の観点からOECDや国連の指導原則に沿いつつ、 汚職との闘い、競争法の遵守を重視します。 

 

Eコマースの世界的な成長は5年間で3040%伸びると予想されており、今後5年間でEコマースはリテール売上高全体の60%を占めることになるとみられています。リテールサプライチェーンは、世界の温室効果ガス排出量の25%を占めており、多くのリテールが正味ゼロという大胆な目標を掲げていますが、目標達成の軌道に乗っているのはわずかです。その結果、店舗のデジタル化は、世界の持続可能性の課題において重要な役割を果たすでしょう。当社のソリューションは、店舗での受注処理、ピックアップ、迅速な配送を可能にすることで、小売業者のEコマース戦略の中心に店舗を据えることで、受注処理倉庫や倉庫の建設を回避します。 

  • ローカルで低炭素な電子商取引の実現
  • 食品ロス削減
  • 棚における責任ある消費への取り組み 
  • 地産地消の推進 
  • サプライチェーンの透明性の実現
  • ペーパーレスな商取引の実現

はい、GHG排出量についてはスコープ1,2,3GHG算定プロトコルに準拠して毎年測定し、ESG年次報告書を通じて毎年開示しています。さらに、CDPアンケートを通じて気候変動戦略を開示しています。パリ協定の目標1.5℃に適合させるために、温室効果ガス排出目標をSBTiに提出するためのプロセスを開始しました。 

はい。過去3年間、当社は国連グローバル・コンパクトの支援者であり、当社のESG目標は主に以下の国連持続可能な開発目標に沿ったものです。

5. ジェンダーの平等

8. 適正労働と経済成長

9. 産業、技術革新、インフラストラクチャー

11. 責任ある消費と生産

12. 持続可能な都市とコミュニティ

13. 気候変動対策

Gigaton Walmart

– NZI4IT by Carbone 4

2023年6月、世界的なネットゼロへの取り組みにおけるデジタルソリューションの役割を理解するために、Carbone4が主催したグループ研究「Net Zero initiative for IT(NZI4IT)」に参加しました。

Carbone 4は、脱炭素化と気候変動への適応に向けた世界の変革を支援する気候変動コンサルティングのリーディングカンパニーです。卓越した科学とビジネス界の架け橋として、Carbone 4は、お客様が変化する世界の課題を明確に理解できるようお手伝いします。ネットゼロ・イニシアティブは、グローバルネットゼロへの企業貢献に特化した初めての枠組みです。2018年からCarbone 4が主導するNZIは、ネットゼロ経済に向けて企業の活動を変革させることを目的としています。ネットゼロ・イニシアティブは、企業のネットゼロやカーボンニュートラルの主張に代わるものとして、脱炭素化、排出回避、炭素除去という気候変動移行の3つの柱において、企業がグローバル・ネットゼロに公正に貢献するためのツール提供に焦点を当てています。 

このプロジェクトの目的:

  1. ITと気候変動緩和のテーマに関わる企業、学者、機関、専門家からなるトップレベルのワーキンググループを設立する。
  2. 世界的なネットゼロの取り組みにおける、ITの役割に関する一般的な問題、特に回避された排出量、炭素除去量、および関連する主張について調査する。 
  3. 世界的なネットゼロ目標におけるITの役割をすべての利害関係者が理解し、環境偽装(greenwashing)を防止するためのガイドラインやツールを作成し、各分野の成果を公表する。

 Consumer Goods Forum (消費財フォーラム) に参加消費財小売業者と製造業者をグローバルに結びつける唯一の組織です。CEO主導の組織であり、世界の小売業者と消費財メーカーが、他の主要な利害関係者とともに協力し、消費者の信頼を確保し、効率性の向上な前向きな変化を推進できるよう支援しています。Consumer Goods Forumは、世界的活動能力CEOのリーダーシップ、小売業者と製造業者の協力に重点を置くことで、積極的な変革を推進し、環境・社会的持続可能性、健康、食品安全、正確な製品データな、業界に影響を与える主要な課題への取り組みを支援しています。 

さらに、積極的小売(Positive Retail)をめぐる考えを前進、共有、促進させるために、World Economic Forum (世界経済フォーラム) の「Future of Consumption Platform (消費の未来プラットフォーム) 」のメンバーとしても活動しています。このフォーラムには、政界、ビジネス、文化、その他社会の第一線で活躍するリーダーが参加し、世界、地域、業界のアジェンダを形成しています。 

– SES-imagotagPerifemの一員でもあります。Perifem は、より責任ある商業的エコシステムを構築するため、流通部門のすべての関係者を取り込むことに努めています。 

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.