Back to insights
記事 | 7月 5, 2023 | 9 読む時間

SES-imagotag、AI主導分析で店舗を最適化するソリューション「Pulse」を国内提供開始

Link to facebook Link to twitter Link to linkedin

実店舗向けデジタルソリューションのグローバルリーダーであるSES-imagotag(エスイーエス・イマゴタグ、ユーロネクスト:SESL、FR0010282822)は、リテール向けインテリジェンスソフトウェア「Pulse」(パルス) の国内提供を開始すると発表しました。Pulseは AI 主導のデータ分析ソリューションであり、小売業者が運用改善すべき領域を特定し、店舗廃棄物を削減し、かつ店舗の利益と環境への影響を最適化するのに役立ちます。現在、400近くの店舗が、英国とアイルランドでPulseをリテール・インテリジェンス・ソリューションとして使用しています。

多くの店舗では、日常の店内業務を改善するための関連情報が不足しており、日々労力と費用を消費しています。PulseはPOSデータ、商品棚リアルタイム監視ソリューションCaptana 用小型カメラを含むIoTデータ、ESL(電子棚札)、サードパーティから得たデータなどを組み合わせ、これらの課題解決に貢献します。また、廃棄物と製品のセルスルーを分析し、最も重要な領域に関する推奨事項を生成し、店舗の収益を改善します。このソリューションは、店舗フロアで改善キャンペーンを自動的に実行および測定することもできるので、既にVUSION IoT Cloudプラットフォームを導入している14,000を超える店舗にとっては、データ構築と分析に基づいた『インテリジェントストア』への転換機会ともなります。

SPAR、Daybreak、CarePlus Pharmacy、Morrisons Daily、Mace、Budgens、Londis、WHSmithなど、Pulse AI分析を使用した顧客は、粗利益率が最大+2%増加、廃棄物が-30%削減され、特定された製品の売上が+20%増加しました。

【特長】

  • 店舗単独(またはチェーン)全体で製品のパフォーマンスを監視し、ギャップを特定します。Pulseは、損失量を減らすことができれば、廃棄リスクがある製品を特定します。このシステムは、詳細な売上と廃棄物の概要を比較すると同時に、特定の期間に最適な注文数量ないし製造数を推奨します。
  • プロモーションやその他の店舗内アクティビティ(マーチャンダイジング、リフィット、マーケティングキャンペーン)の影響を測定し、小売チェーンの一部としての店舗と店舗単独、製品と製品、または地域レベルでの詳細な比較機能を使用して、予測マージンと実際の利益を対比します。
  • ESLにメッセージングを適用することにより、製品の販売または店舗管理を改善します。PulseからESL (電子棚札)にスタッフ向けメッセージを表示することによって、廃棄物が多い、価格が高い、競合他社と比較した価格設定、店舗で販売されていない製品、販売が遅い製品、ギャップ分析、売上の減少など、自動化された洞察と推奨事項を送信します。
  • ESLメッセージングプッシュ機能を使用して店舗のESGイニシアチブを拡大します。PulseはESLを通じて高サステナビリティな製品やローカルな製品を明示し、顧客が店舗内でより持続可能な選択を行うよう支援します。 英国初の完全IoT搭載VUSION 360ストアであるKavanagh‘s Belsize Park店では、HowGood(ハウグッド)のような革新的なソリューションを利用してESLにサステナビリティを顧客に明示し、同時に低炭素小売のパイオニアを支援しています。消費者の55%が持続可能性の主張でラベル付けされたアイテムを購入する可能性が高いため、店舗はグリーンインテリジェンスを利用して、責任を持って生産された製品に持続可能性の属性を表示し、買い物客の間でより環境に優しい購入パターンを促進することができます。

【機能性】 

  • Pulseユーザー向けUXUIの改善:ユーザーエクスペリエンス(UX)とユーザーインターフェイス(UI)を誇り、全体的なエクスペリエンスを向上させるより洗練されたモダンなデザインをユーザーに提供します。
  • 強化されたインサイトとトレンド記録:アップグレードされたインサイトが満載されており、より詳細な情報と、高度なドリルダウンおよび予測機能が提供されます。
  • オールインワン360ダッシュボードビュー:取引データを監視し、包括的な360ダッシュボードビューを通じて、IoTの健全性を最新状態に保つための一元化された情報源を提供します。
  • ネクストレベルの分析 および レポート:すべての関連データを1つの画面に統合した単一のトレーディングウォッチを備えており、ユーザーは重要な情報に一目で簡単にアクセスできます。
  • フロアメッセージングでインサイトを通路に接続:小売業者は、店員が効率良く行動できるよう、ESLを介してコールアウトをショップフロアに直接送信できるようになりました。この追加機能により、店舗内の業務が合理化され、従業員は在庫、価格、廃棄物、製品など、行動を起こす必要のある洞察を得ることができ、最終的には顧客の全体的なショッピング体験が向上します。

 SES-imagotagでグループ戦略、マーケティング&コミュニケーション担当SEVPを務めるRoy Horganは、次のように述べています。

「どの店舗も日々業績に奮闘していますが、私たちは支援することができます。Pulseは、店舗のパフォーマンスを向上させることを目的としています。店舗のデータを取得し、さまざまな分野にわたる洞察を生成します。製品の廃棄レベルが高い場所と、製品が売上の面で物事を遅くしている場所を特定します。さらに、Pulseはデータを使用してESLにメッセージを自動的に表示、売上の増加や店舗運営の改善に貢献します」

Kavanaghでグループ マネージングディレクターを務めるNoel Kavanagh Jr.氏は、次のように述べています。

Pulseを使用することで、廃棄物を削減しつつ可用性を高め、店舗全体の収益性を向上させることができます。これは信じられないほどの前進です。当店は、毎日現地で調理される生鮮食品に重点を置いています。我々はそれを最先端のテクノロジーと結びつけ、Pulseを使用してビジネスを推進し、店舗全体の製品のパフォーマンスを監視し、プロモーションキャンペーンの影響を測定、ESLにメッセージングを適用して店舗管理を改善する方法は本当にエキサイティングです。我々は始まりに過ぎず、テクノロジーは非常に感動的ですので、他の小売業者にもお勧めします」

Pulseの詳細については、https://www.ses-imagotag.com/ja/pulseをご覧ください。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.