INSIGHTS

リテール IoT に関する専門的なアドバイス

商取引テクノロジーの最適化に役立つ記事、アイデア、便利なツールをご紹介しています。業種に関連した情報や、リソースの種類ごとにフィルターをかけてご覧ください。
特集

ウォルマート、SES-imagotagとの戦略的パートナーシップを米国にも拡大

実店舗向けデジタルソリューションのグローバルリーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)は、米国 ウォルマート との戦略的パートナーシップを拡大し、シェルフエッジ(棚の端)のデジタル化を進めると発表しました。このパートナーシップ拡大は、アーカンソー地域におけるトライアル店舗が成功したことによるものです。 トライアル店舗では、従業員の生産性と顧客体験を最適化する重要な技術的進歩の導入に成功したもので、ウォルマート では今後国内の多くの店舗に拡大される予定です。 ウォルマート は、VUSION OSプラットフォームとVUSION IoT Cloudプラットフォームをフル活用することで、クラウド接続された数億台のIoTデバイスへの拡張を可能にします。また、SES-imagotag IoT Radio Protocolを導入し、既存のWi-Fiとシームレスに統合することで、シンプルで迅速な展開を可能にするとともに、最高水準のIoTセキュリティを実現します。 米国 ウォルマート のマーチャントトランスフォーメーション、次世代およびラスト・マイル・デリバリー製品担当上級副社長を務めるジョン・クレセリウス氏は、次のように述べています。 私たちが革新を続けていく上で、戦略的な関係を築き、最新技術の最先端を走り続けることは重要です。SES-imagotagのデジタル ソリューションを利用することで、顧客体験を向上させるクラス最高のテクノロジーを提供することができます。私たちは、この試験的な試みでこれまでに見てきたことに勇気づけられており、2022年に電子棚札による商品情報表示の次の進化をより多くの店舗にもたらすことに興奮しています また、SES-imagotagは ウォルマート の持続可能性プログラム「Gigaton」の目的に沿ったVUSIONeプログラムを開始し、持続可能性を企業戦略および製品戦略の中核に据えています。VUSIONeは、IOTにおける30年の経験を網羅し、ESL業界における最高の持続可能性基準を設定しています。 ウォルマート は、SES-imagotagとそのパートナーが提案する最適化されたエネルギー管理ソリューション、リサイクル可能な材料の使用量の増加、包装の削減、スリムなサプライチェーンとロジスティクスから直ちに利益を得ることができます。 SES-imagotagの北米担当CEOを務めるフィリップ・ボティーヌは、次のように述べています。 私たちは、このような素晴らしいリーダーと提携できることを本当に光栄に思っています。 ウォルマート のチームは、常に既成概念にとらわれず、顧客と従業員を第一に考えて行動しています。彼らと共に働き、より良く持続可能な小売業に向けて革新できることに感謝しています


絞り込み
選択したフィルター
ケーススタディ

カナダ最大の家具小売店Leon’s Furniture Limitedが当社VUSIONの大規模展開を拡大

2023~2024年 電子棚札とVUSION IoT Cloudプラットフォームを202全店舗に設置 実店舗向けデジタルソリューションのグローバルリーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)は、カナダLFLグループとのパートナーシップを拡大することを発表しました。SES-imagotagは、新たな業種と北米での事業展開をさらに拡大するため、両社間の展開契約により、既存の展開店舗に130店舗が追加されるとともに、新たな店舗カテゴリーにも拡大する予定です。 LFLグループは、2022年、2023年、2024年にわたる複数年のフレームワーク契約に基づき、Leon’sとThe Brick部門の店舗をデジタル化するために、VUSION IoT Cloudプラットフォームと電子棚札(ESL)を採用しました。この契約は、LFLグループの全店舗(202店舗)にVUSIONを導入するもので、LFLグループのフランチャイズ加盟店100店舗以上がこのソリューションの恩恵を受けられる可能性があります。 家具 小売店における大型 電子棚札(ESL)の活用 LFLグループは、家電、家電製品、寝具売り場に、VUSIONのクラウド接続型ESLとソリューションを順次導入してきましたが、現在では、大型のESLを多用することで、これらのツールの利用を店舗の最大部分である家具売り場にも拡大しています。 VUSIONを選択することで、Leon’sとThe Brick(LFLグループ傘下)の店舗は、機動性を高めながら、価格とプロモーション戦略を大規模に自動化する機会を得ることになります。また、顧客の店内体験を向上させるため、Engageを利用したショッパー エンゲージメント ソリューションも検討する予定です。 関係者コメント LFLグループ社長兼CEOのマイク・ウォルシュ氏は、次のように述べています。 「カナダ最大の住宅小売企業として、私たちは顧客体験を継続的に向上させることに注力しています。当社の店舗ネットワークとeコマース プラットフォームにおけるイノベーションは、お客様とリテールチームにシームレスなオムニチャネル体験を提供する上で最も重要です。SES-imagotagのテクノロジーは、価格設定やプロモーション戦略の自動化を支援する重要なパートナーであり、注文入力時間を短縮することで、当社の従業員がより充実した買い物体験を提供できるようになりました」 SES-imagotag 北米CEO フィリップ・ボティーヌは、次のように述べています。 「LFLグループとその様々なバナーと提携し、彼らのデジタル変革を支援できることを嬉しく思います。我々は、LFLグループとその様々なバナーと提携し、彼らのデジタル変革を支援できることを嬉しく思います。この勝利と成功裏の拡大は、当社が北米で小売業全般にわたって急成長を遂げていることのもうひとつの証であり、現地の情熱的なチームの専門知識と献身の大きな証でもあります」 Leon’s について 1909年にアブラン・レオンによって設立されたLeon’sは、オンタリオ州南部のウェランドという小さな町で雑貨店として創業以来、現在はカナダ最大の小売業者の一社となり、家具、主要家電製品、家電製品など幅広い商品を複数のブランド店で販売しています。同社は現在もレオン一族によって経営され、100年以上前にアブラン・レオンによって確立されたサービス、誠実さ、献身の基準を維持しています。Leon’s Furniture Limitedは、カナダ全土に広がる直営店とフランチャイズ店のネットワークで、10,000人以上の従業員を雇用しています。


ニュース

10月24日開催「リテールテックカンファレンス – ビジネスリーダーズ フォーラム2023」に参加

デジタルが実現するサステナブルなリテール 「リテールテックカンファレンス - ビジネスリーダーズフォーラム2023』(主催: 在日フランス商工会議所、期日: 2023年10月24日(火)、有料、要事前登録)に、当社のパスカル・ジェルベール・ガイヤール(APACエグゼクティブバイスプレジデント)が、パネリストとして登壇すると発表しました。 在日フランス商工会議所は、日本で最初の欧州商工会議所であり、1918年から日本市場で会員企業を成功へ導くための様々なサービスを提供しています。611を超える会員を有し、日仏のビジネスチャンスを開拓するプラットフォームの構築に努めています。 本イベントは、日仏ビジネスコミュニティに特化したイベント「ビジネスリーダーズフォーラム」の一環として開催されます。日仏間のコラボレーションを促進するため、テーマごとに各分野の専門家を招聘し、業界の課題を議論し、ネットワーキングの機会を提供することを目的としています。 日本における小売業の変革に焦点を当て、小売業におけるオンラインリソースの最適な活用方法について、過去の成功事例や革新的なビジョンを紹介します。スタートアップ企業や業界のトレンドをリードする企業のスピーカーが一堂に会し、小売販売の未来について議論し、デジタルソリューションの可能性を明らかにします。参加者が、リテール業界における最新情報の入手と、同業者とのネットワーク拡大が期待されます。 開催概要 日時  2023年10月24日(火)15:00~20:30 会場  在日フランス商工会議所(東京都中央区日本橋本町2-2-2 日本橋本町YSビル1階) 参加費  オンサイト 在日フランス商工会議所会員 9,000円/非会員 18,000円 オンライン 在日フランス商工会議所会員 5,000円/非会員 10,000円 プログラム詳細並びにご登録 ウェブサイト


投資情報

最新のプレスリリースを見る


Picto Vusion 3x2
記事

米HowGoodと提携し、200万を超える食品・飲料製品の棚札で 持続可能性測定基準を提供

HowGoodの世界最大の食品成分サステナビリティ データベース 実店舗向けデジタルソリューションのグローバルリーダーであるSES-imagotag(Euronext:SESL, FR0010282822)と、食品会社向けのサステナビリティインテリジェンスの業界大手プロバイダーである米国HowGoodは、消費者に透明性と信頼性のある製品情報を店舗の棚辺で提供する新たなパートナーシップを発表しました。 このパートナーシップにより、SES-imagotagのVUSION IoT Cloudプラットフォームを介して、買い物客は200万点を超える製品の信頼性と透明性のあるデータを店舗のスマートデジタルディスプレイ(電子棚札)で直接閲覧できるようになります。温室効果ガス排出量から水使用量、労働リスクに至るまで、HowGoodの成分レベルの詳細なインサイトによって提供されるデータは、消費者がより多くの情報に基づいた意識的な商品選択を行うのに役立ちます。対応のデジタルディスプレイは、今秋世界中で利用可能になります。 6つの商品サステナビリティ 属性  HowGoodのサステナビリティ属性を通じて、消費者は、製造工程で平均よりも少ない水を使用する製品(ウォータースマート)、平均よりも温室効果ガス排出量が少ない(気候にやさしい)、7つ以下の成分を含む簡単な処方(クリーンラベル)、商業的または工業的処理に依存しない成分で作られた製品(最小限に加工)、石油ベースの除草剤や 肥料、その他の化学物質の使用を最小限に抑えてえ作られた製品(低合成投入量)、または労働者の権利と尊厳を尊重して作られた製品(公正労働)を選択することが可能になります。これらのラベルは、製品の価格やその他の重要な情報とともに、電子棚札、テレビ、棚の端のビデオディスプレイなどに店舗に表示されます。 購買意思を決定する商品のサステナビリティ 今日、消費者は持続可能な製品を優先し、全面的により高い透明性を求めています。調査会社NielsenIQによると、消費者の72%は、持続可能であると主張する製品にプレミアム料金を支払う意思があります。調査によると、消費者は持続可能な買い物をする権限を与えられていると感じており、消費者と環境の両方に健康的な製品を実証するブランドに積極的に反応しています。 この革新的なソリューションは、買い物による環境的および社会的影響に関心を持つ消費者からの収益と支持を促進することにより、サステナビリティに取り組む小売業者とブランドに利益をもたらします。データに裏付けられた製品の特長をアピールし、持続可能性のパフォーマンスを促進するのにも役立ちます。 サステナブルな商品で店舗のイメージも向上 SES-imagotagとHowGoodのコラボレーションは、英国のバドゲンズベルサイズパークにあるKavanagh’s パイロットストアですでに成功を収めています。統合されたPulse分析ソフトウェアを使用し、HowGood属性でラベル付けされたすべての製品で平均25.8%の増加を測定しました。すべての属性がアップセルに貢献しました。特に「公正な労働」とラベル付けされた製品は、平均で45.1%の最も顕著な増加を示しました。プラスの影響は、個々の製品の初期結果を超えて、サステナビリティに対する消費者の高まる要求を満たすだけでなく、持続可能で倫理的に意識の高い店舗としてのKavanagh’sのブランドイメージを促進します。 HowGood最高経営責任者(CEO)兼共同創業者 アレキサンダー・ギレット氏は次のように述べています。 「環境に配慮した消費者を獲得しようとしている小売業者向けの最新ソリューションに当社のサステナビリティデータを組み込むことを嬉しく思います。世界のリテール業界は変化しており、このパートナーシップにより、先見の明のある小売業者は、顧客に価値を明確に伝え、店内マーケティングをダイナミックに行い、地球に非常に重要で有意義な影響を与えながら収益を上げることができます。」  SES-imagotag シニアエグゼクティブバイスプレジデント(戦略、マーケティング&コミュニケーション担当)のロイ・ホーガンは次のように述べました。 「食品企業向けのサステナビリティインテリジェンスのパイオニアであり、リーダーであるHowGoodと提携できることを非常に嬉しく思います。我々は共に、商品購入決定が行われる棚の端でリアルタイムかつ信頼できる持続可能性情報を提供することにより、小売業者と消費者に独自の価値提案を提供することができます。このパートナーシップは、実店舗が買い物客により良いサービスと体験を提供できるデジタル資産になり、かつより持続可能で前向きな商取引を作成するという私たちのビジョンに沿ったものです。」 HowGoodについて HowGood(https://howgood.com)は、食品の持続可能性に関する業界最大のデータベースを持つ独立系調査会社であり、SaaSデータプラットフォームを提供しています。HowGoodは、33,000以上の原材料、化学物質、素材を評価し、大手ブランド、小売業者、サプライヤー、レストランが環境および社会的影響を測定、管理、伝達できるよう支援しています。


記事

フランスの ホームセンター Lapeyre、132店舗のデジタル化に電子棚札とVUSIONプラットフォームを採用

実店舗向けデジタルソリューションの世界的リーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)と、フランスの ホームセンター Lapeyreは、フランス国内の全店舗にあたる132店舗にVUSION IoT Cloudプラットフォームと電子棚札(ESL)を導入したことを発表しました。 VUSIONプラットフォームにより、Lapeyreは店舗で顧客のニーズに合わせた最適な情報を表示できるようになります。SES-imagotagが開発した幅広いESLとクラウド接続ソリューションにより、Lapeyreは店舗で提供する商品の価格と技術仕様をリアルタイムで展開できるようになります。 これにより、Lapeyre 店舗並びに従業員は、価格とプロモーションの自動化、リモートかつリアルタイムのESL管理、店舗での作業効率化と業務最適化、ミスの削減、顧客満足度の向上などの恩恵を受けることができます。 ESLは、価格の自動化だけでなく、多くのサービスを提供します。一例として、QRコードを電子棚札に表示することでホームセンターの顧客を店舗のカタログ、またはLapeyreのオンラインショッピングサイトへ誘導し、従来の紙値札では成しえないインタラクティブな商品説明(技術仕様、ビデオなど)を提供、店舗やオンラインで商品の在庫を確認できるようになります。 Lapeyre でITディレクターを務めるヴァンサン・コトー(Vincent Cotteaux)氏は、次のように述べています。「当社は2021年末、『融合と成長』戦略計画を立ち上げました。この計画の柱のひとつは、当社製品へのアクセスを容易にし、顧客満足度を再びリードすることです。顧客体験は最適化され、店舗の革新、近代化、デジタル化のための投資が行われました。VUSIONプラットフォームの導入は、当社のグローバルロードマップに完全に適合しており、当社のデジタルトランスフォーメーションの一環です」 SES-imagotagでEMEA(欧州/中東/アフリカ地域担当)担当シニア・エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるセバスチャン・フォシー(Sébastien Fourcy)は、次のように述べています。「Lapeyreとのコラボレーションを嬉しく思います。Lapeyreとの協業は、ホームセンター部門を含むあらゆるタイプの店舗に対する当社のソリューションの妥当性を裏付けるものです。フランスにあるLapeyreの全店舗に設備を導入することで、ヨーロッパにおける当社の多角化戦略の中核をなす、将来性の高い分野での存在感を強化することができます」


記事

SES-imagotag reacts to Gotham City’s Press Release


gotham city
ニュース

2023年上半期の業績を発表、目標を上回る結果

リテール実店舗向けデジタルソリューションの世界的リーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)は、2023年上半期(1月~6月)の業績を発表、目標を上回る実績を達成しました。 2023年第2四半期売上高:€221m(前年同期比 33%増) 2023年上半期売上高:€380m(前年同期比 33%増) 12ヶ月間売上成長率:41% €715m 2023年上半期VAS[1] 売上高:€53m (+18%)、総売上高の14%  上半期受注実績:€518m (+35%) 通期ガイダンスに沿ったパフォーマンスおよび見通し 販売実績(€m)   EMEA   その他地域   合計 2023年上半期   317.1   63.0   380.1 2022 上半期   221.3   64.6   285.9 変動 (%)   +43.3%   -2.5%   +33.0% 2023年 12か月間   582.5   132.6   715.1 2022年 12か月間   381.2   124.7   505.9 変動 (%)   +52.8%   +6.3%   +41.4%               受注実績(€m)   2023   2022            % 上半期   518.0   385.0   +34.5% 12か月間   818.0   677.0   +20.8%   SES-imagotag 会長 兼 CEO ティエリ・ガドゥ(Thierry Gadou)は次のように述べています。 「発表した通り、2023年度上半期はSES-imagotagにとってさらに記録を更新する業績となりました。当期中の売上高は、公表されている目標に沿って30%以上増加しました。2023年上半期の受注総額は5億ユーロを超え、ウォルマート社との大型契約を含む米国での複数の受注に後押しされ、ダイナミックに増加しました。SES-imagotagの2023年度上半期の販売実績は、小売業者にとって厳しい環境にもかかわらず達成されました。このような経済的現実は、新規投資にマイナスの影響を及ぼしていますが、同時に、当社のソリューションの戦略性が高まり、顧客に受け入れられていることを反映しています。利益率もプラスに推移しており、収益性を継続して向上させることができました。SES-imagotagは、2023年通期の売上目標である8億ユーロを達成し、特に米国での事業の加速に牽引され、2024年も堅調な成長軌道を維持すると見込んでいます。」 [1] VAS = ソフトウェア、サービス、非ESLソリューションからの収益。VASは付加価値ソリューション&サービスの頭文字。VASの収益には以下が含まれる: VUSIONソフトウェアのライセンスとSaaSプラットフォーム、保守契約、プロフェッショナルサービス(設置、セットアップ料、プロジェクト管理、カスタムソリューションのエンジニアリングサービスなど)、カメラ、センサー、SaaSからのCaptana収益、PulseとMemory データ分析 SaaSプラットフォーム、Engageソリューション(ビデオレール、デジタルサイネージ、V-ads SaaSプラットフォーム)、産業用IoTソリューション(PDi Digital)。   2023年第2四半期および上半期の売上高が過去最高を更新 発表の通り、2023年第2四半期の売上高は2億2,100万ユーロと初めて2億ユーロの大台を突破し、前年同期比33%増となり、新記録を樹立しました。第2四半期の受注実績は前年同期比38%増の2億9,700万ユーロとなっています。 2023年上半期の売上高は前年比33%増の3億8,000万ユーロとなり、通期目標に一致した。2023年上半期の受注実績は前年同期比35%増の5億1,800万ユーロとなり、米国での受注に牽引されています。 この業績は、高インフレ、数量ベースでの消費減少、利益率の低下圧力など、小売業者にとって厳しい環境にもかかわらず達成されました。   世界のリテール業界を取り巻く環境は厳しく、VASの伸びは鈍化(18%増) 2023年上半期に直面した困難な経済状況にもかかわらず、小売業者は進行中のプロジェクトに電子棚札(ESL)[2] を引き続き導入しました。しかし、一部の小売業者がイノベーションプロジェクトのペースを調整・延期したため、上半期に18%増加したVAS売上高の成長率は低下しています。VAS売上高の経常部分は引き続き力強い成長を続けていますが、新規プロジェクトの売上高はわずかに減少しました。一方、ESLの売上は2023年上半期に36%増加し、VASの売上比率は14%となっています。 [2]


ケーススタディ

スウェーデンの世界的家具小売企業が電子棚札を採用へ

スウェーデンのグローバル家具小売企業が、欧州6カ国の110店舗でVUSION IoT Cloud プラットフォームと電子棚札の導入を決定 実店舗向けデジタルソリューションの世界的リーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)は、世界最大クラスの家具小売業者がVUSION IoT Cloud プラットフォームおよびスマートラベル(電子棚札)の導入契約を締結したことを発表しました。この契約の第一弾は、欧州6カ国の110店舗以上に及びます。 この導入契約は、過去数年間に両社が築き上げたパートナーシップに基づくものです。SES-imagotagが開発したソリューションは、小売業者の店舗のデジタル化において重要な役割を果たし、店舗でのより良いお買い物体験を提供します。また、店舗をeコマース戦略の中心に据えた持続可能なビジネスモデルへの転換、より迅速なデジタル変革を可能にします。両社は協力して、グローバルリテール企業特有のハードウェアとソフトウェアのニーズに合ったソリューションを開発しました。 VUSIONプラットフォームにより、小売業者は店頭で買物客とつながり、店内でデジタルサービスを提供することで、買物客の体験を向上させ、かつ全体的な満足度を向上させます。店員は業務自動化により店舗での作業時間を節約し、より付加価値の高い業務に集中できるようになります。また、オンライン注文の店舗でのフルフィルメントの生産性も向上します。さらに、VUSIONはArubaが管理する既存の店舗内無線インフラとシームレスに統合されるため、スピーディで簡単な設置、投資と運用コストの削減、二酸化炭素排出量の削減にもつながります。 SES-imagotag EMEA シニアバイスプレジデント Sébastien Fourcyは、次のように述べています。 「このパートナーシップは、当社の戦略が市場に勢いをもたらしていることを明確に示すものです。リテール企業はどこであれ、実店舗を高価値のデジタル資産へとシームレスに転換し、自動化、データ駆動、サプライヤーや消費者とのリアルタイム接続を進める必要があります。私たちのVUSIONプラットフォームは、それを可能にするものであり、このような世界的な一流小売企業とオムニチャネルおよびサステナビリティ戦略で協力できることを誇りに思います。私たちは彼らと非常に緊密なパートナーシップを築いており、今回の勝利は、私たちの独自の資産と専門知識、そして革新的なソリューションポートフォリオによる価値を明確に評価したものです。私たちは、ホームウェアリテールセグメントにおける市場浸透を高めると同時に、ヨーロッパにおけるリーダーシップを強化できることに興奮を隠せません。」


記事

SES-imagotag unequivocally rejects second part of Gotham City’s inaccurate and deliberately misleading publication

SES-imagotag (“the Company”) today released its unequivocal rejection of the allegations made by Gotham City (“GC”) throughout their second publication, which was designed solely to enable the short-seller to profit


記事

SES-imagotag、AI主導分析で店舗を最適化するソリューション「Pulse」を国内提供開始

実店舗向けデジタルソリューションのグローバルリーダーであるSES-imagotag(エスイーエス・イマゴタグ、ユーロネクスト:SESL、FR0010282822)は、リテール向けインテリジェンスソフトウェア「Pulse」(パルス) の国内提供を開始すると発表しました。Pulseは AI 主導のデータ分析ソリューションであり、小売業者が運用改善すべき領域を特定し、店舗廃棄物を削減し、かつ店舗の利益と環境への影響を最適化するのに役立ちます。現在、400近くの店舗が、英国とアイルランドでPulseをリテール・インテリジェンス・ソリューションとして使用しています。 多くの店舗では、日常の店内業務を改善するための関連情報が不足しており、日々労力と費用を消費しています。PulseはPOSデータ、商品棚リアルタイム監視ソリューションCaptana 用小型カメラを含むIoTデータ、ESL(電子棚札)、サードパーティから得たデータなどを組み合わせ、これらの課題解決に貢献します。また、廃棄物と製品のセルスルーを分析し、最も重要な領域に関する推奨事項を生成し、店舗の収益を改善します。このソリューションは、店舗フロアで改善キャンペーンを自動的に実行および測定することもできるので、既にVUSION IoT Cloudプラットフォームを導入している14,000を超える店舗にとっては、データ構築と分析に基づいた『インテリジェントストア』への転換機会ともなります。 SPAR、Daybreak、CarePlus Pharmacy、Morrisons Daily、Mace、Budgens、Londis、WHSmithなど、Pulse AI分析を使用した顧客は、粗利益率が最大+2%増加、廃棄物が-30%削減され、特定された製品の売上が+20%増加しました。 【特長】 店舗単独(またはチェーン)全体で製品のパフォーマンスを監視し、ギャップを特定します。Pulseは、損失量を減らすことができれば、廃棄リスクがある製品を特定します。このシステムは、詳細な売上と廃棄物の概要を比較すると同時に、特定の期間に最適な注文数量ないし製造数を推奨します。 プロモーションやその他の店舗内アクティビティ(マーチャンダイジング、リフィット、マーケティングキャンペーン)の影響を測定し、小売チェーンの一部としての店舗と店舗単独、製品と製品、または地域レベルでの詳細な比較機能を使用して、予測マージンと実際の利益を対比します。 ESLにメッセージングを適用することにより、製品の販売または店舗管理を改善します。PulseからESL (電子棚札)にスタッフ向けメッセージを表示することによって、廃棄物が多い、価格が高い、競合他社と比較した価格設定、店舗で販売されていない製品、販売が遅い製品、ギャップ分析、売上の減少など、自動化された洞察と推奨事項を送信します。 ESLメッセージングプッシュ機能を使用して店舗のESGイニシアチブを拡大します。PulseはESLを通じて高サステナビリティな製品やローカルな製品を明示し、顧客が店舗内でより持続可能な選択を行うよう支援します。 英国初の完全IoT搭載VUSION 360ストアであるKavanagh‘s Belsize Park店では、HowGood(ハウグッド)のような革新的なソリューションを利用してESLにサステナビリティを顧客に明示し、同時に低炭素小売のパイオニアを支援しています。消費者の55%が持続可能性の主張でラベル付けされたアイテムを購入する可能性が高いため、店舗はグリーンインテリジェンスを利用して、責任を持って生産された製品に持続可能性の属性を表示し、買い物客の間でより環境に優しい購入パターンを促進することができます。 【機能性】  Pulseユーザー向けUXとUIの改善:ユーザーエクスペリエンス(UX)とユーザーインターフェイス(UI)を誇り、全体的なエクスペリエンスを向上させるより洗練されたモダンなデザインをユーザーに提供します。 強化されたインサイトとトレンド記録:アップグレードされたインサイトが満載されており、より詳細な情報と、高度なドリルダウンおよび予測機能が提供されます。 オールインワン360ダッシュボードビュー:取引データを監視し、包括的な360ダッシュボードビューを通じて、IoTの健全性を最新状態に保つための一元化された情報源を提供します。 ネクストレベルの分析 および レポート:すべての関連データを1つの画面に統合した単一のトレーディングウォッチを備えており、ユーザーは重要な情報に一目で簡単にアクセスできます。 フロアメッセージングでインサイトを通路に接続:小売業者は、店員が効率良く行動できるよう、ESLを介してコールアウトをショップフロアに直接送信できるようになりました。この追加機能により、店舗内の業務が合理化され、従業員は在庫、価格、廃棄物、製品など、行動を起こす必要のある洞察を得ることができ、最終的には顧客の全体的なショッピング体験が向上します。  SES-imagotagでグループ戦略、マーケティング&コミュニケーション担当SEVPを務めるRoy Horganは、次のように述べています。 「どの店舗も日々業績に奮闘していますが、私たちは支援することができます。Pulseは、店舗のパフォーマンスを向上させることを目的としています。店舗のデータを取得し、さまざまな分野にわたる洞察を生成します。製品の廃棄レベルが高い場所と、製品が売上の面で物事を遅くしている場所を特定します。さらに、Pulseはデータを使用してESLにメッセージを自動的に表示、売上の増加や店舗運営の改善に貢献します」 Kavanaghでグループ マネージングディレクターを務めるNoel Kavanagh Jr.氏は、次のように述べています。 「 Pulseを使用することで、廃棄物を削減しつつ可用性を高め、店舗全体の収益性を向上させることができます。これは信じられないほどの前進です。当店は、毎日現地で調理される生鮮食品に重点を置いています。我々はそれを最先端のテクノロジーと結びつけ、Pulseを使用してビジネスを推進し、店舗全体の製品のパフォーマンスを監視し、プロモーションキャンペーンの影響を測定、ESLにメッセージングを適用して店舗管理を改善する方法は本当にエキサイティングです。我々は始まりに過ぎず、テクノロジーは非常に感動的ですので、他の小売業者にもお勧めします」 Pulseの詳細については、https://www.ses-imagotag.com/ja/pulseをご覧ください。


お客様の店舗をよりスマートで効率的なものにするお手伝いをいたします。
This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.