Back to insights
記事 | 10月 18, 2023 | 6 読む時間

インフレ とデフレ: 小売業にとって価格設定の自動化が不可欠な理由

Link to facebook Link to twitter Link to linkedin
Automated pricing

流通小売業界で働くということは、変化に適応することを意味します。近年、COVID-19の大流行や インフレ など、店主の手に負えない外的要因もあり、この業界はとてつもない困難に見舞われています。

ここ数年、 インフレ は着実に進行していますが、一方でデフレもすぐそこまで来ています。物価が目まぐるしく変化する中、このようなダイナミックな環境に対応し続けるのは至難の業です。

さらに、人手不足や利幅の縮小といったハードルもありますが、自動価格設定を導入して変化に対応すべき理由のほんの一例に過ぎません。

1. インフレ による予測不可能な価格情勢

昨年、米国は記録的な高インフレに見舞われ、2022年3月には8.5%近くを記録しました。ロシアがウクライナに侵攻した際には、消費者物価が再び上昇しました。このような外的要因は、小売企業が常に予期せぬ事態を想定しなければならないことを示しています。

長いインフレの後、デフレはすぐそこまで来ています。小売企業は多方面から打撃を受けており、価格変動はより速く、より頻繁に起こっています。

小売企業にとって、これは店頭での価格入れ替えに費やす時間が増えることを意味します。時間がかかるだけでなく、複数の店舗間でのミスやズレも増える可能性があります。

自動価格設定を導入すれば、小売企業はこうした問題に別れを告げ、価格変動に正面から取り組むことが可能になります。

2. 労働争議

人手不足のおかげで、専属の店員を見つけるのは大変な仕事になっています。ある試算によると、求人数は550万件と、その数を上回っています。

小売企業が人手不足のジレンマに悩む中、迅速な価格変更に対応することは、非常に大きな課題となって います。人手不足のため、価格をチェックし、棚でラベルを手作業で変更し、店舗間で調整し続けることが難しくなっているのです。

自動価格変更は、手作業による介入を必要とせず、物価変動に迅速に対応することで、この問題に対処します。

3. 収益のバランス

このような価格の不安定さに直面すると、収益と利益率に大きなリ スクが生じます。小売企業は、商品コストだけでなく、製造コスト、人件費、燃料費など、さまざまなコストの上昇と闘っています。商品の原価が上がる一方で、消費者の消費意欲は下がります。

収益はリスクにさらされています。このような状況の中で、値札の付け間違いがマイナス マージンの売上につながる結果を想像してください。このような誤算は、店舗やチェーン全体に拡大した場合、収益や利益率の目標達成に災いをもたらす可能性があるのです。

利益率の低い商品の価格を素早く調整することは、店舗の収益性を左右します。このようなリスクを軽減するソリューションの必要性は、かつてないほど明確になっています。

自動価格設定: 小売業が インフレ や変動に対応するためのソリューション

インフレやデフレのような外的要因に対処する際、利益を上げ、利幅を拡大することは、机上の空論ではありません。しかし、小売企業はこの状況を繊細に扱わなければならないのです。

電子棚札(ESL)やリテール インテリジェンスのような最新のソリューションは、手作業による入れ替えの必要性をなくし、小売業者は価格戦略を自動化できます。Pulse のようなAIを搭載したソリューションにより、小売業者は現在と将来のコスト状態の両方を扱うことができ、Pulse Messaging Platformの価格インサイト機能を活用して予測価格を評価することができます。

自動化された価格設定は、人手不足、予測不可能な価格変動、収益問題など、小売業者が直面している現在の問題に対する当然の解決策です。

小売企業の安定した未来に向けて

経済情勢が不透明な中、小売業は将来の安定に向けて舵を切らなければなりません。自動価格設定ソリューションは、インフレやデフレ、労働力不足などの中で小売業が成功するための生命線を提供します。

手作業による価格変更の負担を軽減し、AIを活用した精度の高い価格設定を採用することで、小売企業は収益を守るだけでなく、長期的な成功に向けた体制を整えることができます。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.