Back to insights
日本語 | 11月 9, 2023 | 11 読む時間

化粧品のデジタル値札

Link to facebook Link to twitter Link to linkedin
Electronic Cosmetic Labels

化粧品のデジタル値札が小売業にもたらす革新

高級ブランドや化粧品小売店がデジタル時代に突入した今、化粧品向けデジタル値札は差別化された買い物体験の提供を可能にします。来店客が商品情報に簡単にアクセスでき、よりつながりのあるサービスを求める中、化粧品のデジタル値札は、小売店が効率的に店舗を運営し、陳列棚でのインタラクション(相互作用)を強化します。

化粧品のデジタル値札とは何か?

化粧品向けのプレミアムデジタル値札は、店内での買い物体験を向上させるとともに、価格更新や値札交換業務を効率よくコントロールできるように設計されています。

VusionCloud Retail IoT Platformは、小売環境の業務効率を最大化し、紙値札に関連する無駄とコストを削減します。従業員がより付加価値の高い作業に従事する時間を増やし、ROIを最大化するように設計された包括的な化粧品向けデジタルソリューションです。

電子ペーパーディスプレイにより、化粧品のデジタル値札は商品棚での買い物体験を次のレベルへと押し上げます。商品情報が更新されるたびに手作業で値札を交換する必要がある紙値札とは異なり、デジタル値札は集中管理されたクラウドシステムに接続されています。これにより、リアルタイムまたは自動で商品情報を更新することができるのです。シームレスで魅力的な販促キャンペーンを展開し、素晴らしい成果を獲得できます。

化粧品向けデジタル値札の導入メリットとは?

スーパーマーケットの電子棚札家具のデジタル値札青果品の電子タグ衣料品のデジタル値札などコネクテッドラベルネットワークが小売業界に旋風を巻き起こしています。化粧品業界においても、スマートな電子値札導入で利益を得ることができます。

VusionCloudは、小売向けIoTクラウドソリューション および 電子値札のNO.1ソリューションです。当社の最先端プラットフォームがどのようにお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献できるかをご紹介します。

将来性のあるデジタル値札

化粧品のデジタル値札は、超広視野角の表示と化学物質耐性を高めた高品質のスクリーンが特徴です。お手入れも簡単で、何十年も使用可能です。

しかし、ハードウェアの耐久性は非常に重要ですが、予見可能なソフトウェアの進歩に対する長期的な互換性も同様に重要です。VUSION OS環境は、永続的な関連性を持つように設計されています。

魅力的なデザイン

SESimagotagのデバイスは、その魅力的なデザインと高度な機能が評価され、Rec Dot Award を受賞しました。現代の小売環境のニーズに応えるよう設計されたこの電子ラベルは、VusionGroupのPulse EngineによるAI主導の分析を活用しています。

VusionGroup のシステムは、消費者の行動、廃棄物、商品の売れ行き、マージンなどのデータを収集・分析できるスマートネットワークです。そして、Pulseが最も重要なエリアに関する推奨事項を生成し、収益に即座に改善をもたらします。

化粧品を念頭に開発

SESimagotagの化粧品デジタルラベルは、受賞歴のあるデザインと化粧品に特化した耐性のあるフロントカバーを誇ります。当社の価格自動化ソフトウェアにより、店内の化粧品値札は常にリアルタイムで更新され、正確な価格情報を反映します。

このデジタル値札は、NFCやQRコードを通じてより充実した製品情報を提供できるように設計されており、詳細な紹介が必要なハイエンド製品の販促に最適です。

規制要件

化粧品の商品タグは規制が厳しく、その要件はしばしば変更されます。紙ラベルを貼り替えたり、罰金を課されるリスクに比べ、デジタル値札はその場で更新でき、規制情報の追加にも対応できます。

また、SESimagotagのESLソリューションは、優れた可読性を保証します。

製品の差別化

VusionCloud Retail IoT Platformは、強力な画像統合やその他の視覚的にインパクトのある機能をサポートしており、商品を目立たせることができます。

明るくカラフルなディスプレイは、必要に応じて回転させたり傾けたりできるように設計されており、あらゆるサイズのものが用意されているので、どの通路にも、どの商品にも、常に理想的なラベルを見つけることができます。

カスタマイズ可能な画面を上手に使って、注目を引く値札を作成し、各商品を際立たせましょう。

プレミアムな情報

オンラインショッピングの台頭により、消費者はどの商品を購入するかを決めるのに、商品の評価やレビュー、より広範な情報を頼りにするようになりました。消費者はもはや、広告やパッケージだけで意見を決めず、より具体的で客観的な意見を手に入れることを好むようになっているのです。また、消費者はスマートフォンをポータブルな情報ハブとして使い、高度に接続されたライフスタイルを送ってるとも言えます。

そこで、化粧品用デジタル値札は、店頭で商品を見る(感じる、香りを嗅ぐ、そして一般的に交流する)楽しみと、追加的な労力を必要とせずにすべての貴重な情報にアクセスすること(オンラインショッピング)のギャップを埋めることができます。

ビジネスに最適な化粧品向けデジタル値札または価格自動更新ソリューションを選ぶには?

SESimagotagソリューションは、特定のビジネスを念頭に置いて設計されており、薬局、ドラッグストア、化粧品店など、様々なタイプの店舗ですぐに使用できる設定を提供します。デジタル値札を使用すれば、正確で関連性が高く、目を楽しませる充実した商品情報が一目でわかるようになり、充実した買い物体験を作り出すことができるのです。

化粧品のデジタル値札で企業が注意すべき新たなトレンドとは?

化粧品の消費者は、パッケージ、ラベル、棚に至るまで、特定の期待を抱いています。成分、処方、製造方法などに関する徹底的な情報に基づいて、十分な情報に基づいた購買決定を望んでいます。また、化粧品のデジタル値札は美的感覚や体験型ショッピングもに大いに貢献できる役割を担っています。

環境責任

エコロジーは、今や普遍的なトピックとなりました。ゼロパッケージの化粧品から、詰め替え商品、生分解性の代替品まで、ブランドは新しい価値観を受け入れています。電子棚札は、紙などの廃棄物を削減することで、小売業者がこの流れを追随することを容易にします。

透明性

消費者はもはや、長くて判読しにくい成分リストの入った怪しげな処方を受け入れることはないでしょう。消費者は、自分の肌に何を塗るのか、その製品がどのように約束を守るのかを正確に知りたがっています。情報へのアクセスを容易にすることで、化粧品のデジタル値札は、より信頼できるイメージを作り出しているのです。

ドラッグストアへのリターン

デジタルは買い物客の行動を根本的に変えつつあり、量より質という考え方が定着しつつあります。消費者がよりシンプルなパッケージや処方を望むように、過剰消費から脱却し、小規模な地元企業を求めるようになっています。これはまた、パーソナライズされたサービスや、知識豊富なスタッフが質問に答えたり、オンラインのみのビジネスでは得難い人間的な触れ合いを提供する店舗を好む傾向も示しています。どちらか一方のアプローチを選ぶのではなく、自由に使えるテクノロジーを使って、両方の利点を組み合わせたハイブリッドな体験を生み出すことが重要なのです。

コネクテッドというトレンド

消費者はコネクテッドサービスの利点をあきらめたくはありません。彼らは、透明性があり、パーソナライズされた、技術的なビジョンを受け入れる店舗を求めています。スマートでコネクティッドな値札は、コミュニケーションへの新しいアプローチを提案します。棚にNFCとQR技術を統合することで、買い物客は商品を手に取る必要さえなく、すぐに必要な情報をすべて知ることができることを意味します。例えばパッケージのない化粧品の場合、この機能は非常に貴重です。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.