Back to insights
日本語 | 11月 9, 2023 | 10 読む時間

未来のデジタルタグ

Link to facebook Link to twitter Link to linkedin
Digital furniture tags

家具値札がデジタル時代に突入

あらゆる小売企業が、店舗を価値の高いデジタル資産に変えることで、デジタル時代に突入しています。消費者は、実店舗がオンライン店舗のシームレスで生き生きとした延長線上にあるような、つながりのある体験を期待するようになっています。家具に関して言えば、デジタル値札が直接的に貢献し、対面ショッピングとオンラインストアのギャップを埋めています。VusionCloud IoT プラットフォームとスマート電子棚札のパワーをご覧ください。

電子棚札とその仕組みとは?

VusionCloud IoT プラットフォーム と ESL (電子棚札)の組み合わせは、価格設定の自動化と店舗管理プロセスの最適化を行う包括的なソリューションです。ハードウェアとソフトウェアが一体となり、無限にカスタマイズ可能なネットワークを構築し、最小限の人的入力で、これまで以上に魅力的な情報をお客様に提供します。

電子値札は、従来の紙値札に取って代わるものです。紙のような明るいディスプレイで、商品説明や価格を明るくはっきりと表示します。回転させたり、傾けたりすることもでき、取り外しも簡単です。

しかし、ESL が真に際立つのは、値札変更プロセスです。価格変更やプロモーションのために紙値札を手作業で印刷したり交換したりする代わりに、このシステムを使えば、変更を遠隔でリアルタイムに管理することができます。また、電子棚札を自動的に更新するように設定することもできます。

コネクテッドラベルは、買い物客がオンラインと同じように商品情報やレビューにアクセスできる、まったく異なる没入型の体験を提供します。

なぜ家具販売店にデジタル値札が必要なのか?

小売業の世界、特に家具の世界では、電子値札は真に違いを生み出すことができます。電子値札は、実店舗をデータ駆動型のスペースに変え、サプライヤーや消費者とのリアルタイムなつながりを確立します。電子化された家具値札は、様々な方法で店舗の敏捷性を向上させることができます。

価格設定の正確性と情報提供

紙値札を手作業で貼り替えることは、多くの場合、情報を遅らせることを意味し、時には棚に並べるまでに関連性がなくなってしまうこともあります。一方、不正確な情報や古い情報は、例えば消費者がキャンペーンを見逃すたびに、販売に損失を与える可能性があります。

家具のデジタル値札は、店舗オーナーが価格の自動化を信頼し、クラウド上でラベルを管理することによって最小限の労力と高い精度で価格とキャンペーンを即座に更新することを可能にします。

SESimagotagソリューションは、値札のミスを最大限削除し、クレームや政府からの罰金を回避しながら、顧客から高い評価を得ることができます。オムニチャネルの同期化により、確実かつ自信を持って売上と利益率の拡大に集中することができます。

従業員の業務効率と満足度の向上

スーパーマーケットやその他の小売店舗で電子棚札を活用することで、従業員は労働負荷に対して値の低い作業から解放され、店舗を最適に運営することに集中できる時間が増えます。

電子棚札は、商品のジオロケーションやリアルタイムの棚割管理などの様々な機能をサポートしています。これにより、従業員は商品を探すために店内を奔走するようなフラストレーションを感じることなく、迅速に商品位置を特定し、注文を準備することができるのです。例えば、OptiPickソリューションは、便利なデジタルマップを通じて、店内の商品をピックする経路を最適化します。従業員は最短経路を通り、棚で点滅するLEDライトのおかげで簡単に商品を見つけることができます。

在庫管理とサプライチェーンの向上

コンピュータビジョンとSESimagotag ESLテクノロジーは、リアルタイムのモニタリングと機械学習により、欠品や商品の誤配置などの異常を検知します。これは、スタッフがより効率的に棚に商品を補充できるだけでなく、在庫が少なくなったときにサプライヤーに随時通知できることを意味します。

家具の値札から薬局の棚札に至るまで、ネットワークは完全に一元化できます。欠品による売り逃しはもう二度とありません。

ストレスの少ない店舗での買い物体験と最適な顧客満足度

ショッピングの未来は、体験型にあります。家具の電子棚札は、地域のニーズ、技術動向、およびオペレーション要件(在庫情報、同期化されたプロモーション、カスタマーレビュー、スキャン&ゴーなど)に応じたコネクテッドサービスの基礎を提供することができます。現在 電子棚札に統合されているNFC およびQRコード 技術により、顧客はタグを通してカスタマイズされた情報を閲覧することができ、さらにスマートフォンから追加情報にアクセスすることもできるのです。

豊富なコンテンツの表示は、買い物客にオンラインと同じように商品を探検する動機を与えます。デジタル値札は、リアルタイムの店舗マーケティング キャンペーンに理想的な媒体です。

家具小売業に最適な電子棚札ソリューションを選ぶには?

青果物の電子棚札であれ、家具の電子棚札であれ、電子棚札ソリューションを店舗に導入することは、業務の効率化につながる決断です。これらシステムの多用途性は、統合プロセスを非常に容易にします。また、リモート機能とソフ トウェアソリューションがあれば、学習曲線も早く、従業員 はすぐに時間の節約を始めることができるのです。

最初の段階では、紙値札を電子棚札に交換し、情報を更新しながら徐々にDXを進めていくことができます。ネットワーク全体が整備されれば、店舗全体で一貫した言語を使って、すべての値札をリアルタイムで操作できるようになるのです。

家具小売の未来: 電子棚札技術のトレンド

スマートフォンは、オムニチャネル体験の最も重要な部分であり、電子棚札はこのトレンドにうまく対応し、スマートフォンを店舗での買い物環境に呼び込みます。

急速に普及しつつあるVRコマースが実店舗に進出し、買い物客が実際に商品を見たり、ARを使って全く異なる方法で商品と接することができるようにする場所でもあります。特に、すでに3Dコンテンツを活用している先進的な家具ビジネスに影響を与えます。スマートフォンで電子棚札をスキャンするだけで、まったく新しい体験ができるのです。

カスタマーレビューは、公平なフィードバックを重視する顧客に有益な情報を提供します。電子棚札は、買い物客にこうしたレビューへのアクセスを提供し、購入までの道のりを手助けする視覚的なユーザー作成コンテンツへ誘導します。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.