INSIGHTS

リテール IoT に関する専門的なアドバイス

商取引テクノロジーの最適化に役立つ記事、アイデア、便利なツールをご紹介しています。業種に関連した情報や、リソースの種類ごとにフィルターをかけてご覧ください。
特集

ウォルマート、SES-imagotagとの戦略的パートナーシップを米国にも拡大

実店舗向けデジタルソリューションのグローバルリーダーであるSES-imagotag(Euronext: SESL, FR0010282822)は、米国 ウォルマート との戦略的パートナーシップを拡大し、シェルフエッジ(棚の端)のデジタル化を進めると発表しました。このパートナーシップ拡大は、アーカンソー地域におけるトライアル店舗が成功したことによるものです。 トライアル店舗では、従業員の生産性と顧客体験を最適化する重要な技術的進歩の導入に成功したもので、ウォルマート では今後国内の多くの店舗に拡大される予定です。 ウォルマート は、VUSION OSプラットフォームとVUSION IoT Cloudプラットフォームをフル活用することで、クラウド接続された数億台のIoTデバイスへの拡張を可能にします。また、SES-imagotag IoT Radio Protocolを導入し、既存のWi-Fiとシームレスに統合することで、シンプルで迅速な展開を可能にするとともに、最高水準のIoTセキュリティを実現します。 米国 ウォルマート のマーチャントトランスフォーメーション、次世代およびラスト・マイル・デリバリー製品担当上級副社長を務めるジョン・クレセリウス氏は、次のように述べています。 私たちが革新を続けていく上で、戦略的な関係を築き、最新技術の最先端を走り続けることは重要です。SES-imagotagのデジタル ソリューションを利用することで、顧客体験を向上させるクラス最高のテクノロジーを提供することができます。私たちは、この試験的な試みでこれまでに見てきたことに勇気づけられており、2022年に電子棚札による商品情報表示の次の進化をより多くの店舗にもたらすことに興奮しています また、SES-imagotagは ウォルマート の持続可能性プログラム「Gigaton」の目的に沿ったVUSIONeプログラムを開始し、持続可能性を企業戦略および製品戦略の中核に据えています。VUSIONeは、IOTにおける30年の経験を網羅し、ESL業界における最高の持続可能性基準を設定しています。 ウォルマート は、SES-imagotagとそのパートナーが提案する最適化されたエネルギー管理ソリューション、リサイクル可能な材料の使用量の増加、包装の削減、スリムなサプライチェーンとロジスティクスから直ちに利益を得ることができます。 SES-imagotagの北米担当CEOを務めるフィリップ・ボティーヌは、次のように述べています。 私たちは、このような素晴らしいリーダーと提携できることを本当に光栄に思っています。 ウォルマート のチームは、常に既成概念にとらわれず、顧客と従業員を第一に考えて行動しています。彼らと共に働き、より良く持続可能な小売業に向けて革新できることに感謝しています


絞り込み
選択したフィルター
ニュース

リテールテックJAPAN 2024 に出展


ニュース

Googleと実店舗向け生成AIソリューションで提携

Google Cloud と提携し、生成AIを活用したソリューションの提供を行います。


投資情報

最新のプレスリリースを見る


Picto Vusion 3x2
ニュース

VusionGroupにブランド刷新

実店舗における主要な課題を解決する革新的なソリューションを開発し、幅広いポートフォリオを強調する新しいアイデンティティを確立


ニュース

全国スーパーマーケット協会に加入

SES-imagotag Japanは、この度 一般社団法人全国スーパーマーケット協会に賛助会員として2023年6月に加入したことを発表しました。 SES-imagotagは、フランス・パリを本拠地として、実店舗向けスマートデジタルラベル(電子棚札)とIoTソリューションを欧州、アジア、北米の世界350以上の大規模小売店グループに提供しています。電子棚札においては、世界トップクラスのリーディング企業であり、欧州や北米を中心として導入展開数は年々拡大しています。とりわけ、北米地域においては世界トップクラスの小売業者 Walmartと戦略的導入契約を締結し、12~18ヵ月をかけて500店舗に導入する予定です。また、欧州においてもスウェーデンのグローバル家具販売店との契約締結に成功し、同様に100店舗への導入を行います。 全国スーパーマーケット協会とは 一般社団法人全国スーパーマーケット協会は1953年 東京・青山に日本初のセルフ・サービス店が開店したことを機に日本セルフ・サービス協会として創設され、日本におけるスーパーマーケットを定義しました。2009年社団法人 全国スーパーマーケット協会と日本セルフ・サービス協会が合併し、社団法人新日本スーパーマーケット協会に、2012年に一般社団法人に移行し、2018年には名称を一般社団法人全国スーパーマーケット協会として活動しています。 流通小売業界の従業員を対象とする各種資格検定や、「スーパーマーケット・トレードショー」「デリカテッセン・トレードショー」をはじめとする展示商談会、ビジネスマッチング、他の業界団体とも連携した販売統計調査の実施、安心・安全サポート事業など、さまざまな活動を通じて、食品スーパーマーケット業界のさらなる向上、“戸籍”の確立を目指しています。 日本国内の流通小売業界の発展をめざして SES-imagotagは全国スーパーマーケット協会の趣旨に賛同・加入するとともに、日本国内の流通小売業界の発展に努めます。欧州並びに北米地域にて培った経験と実績を活かし、電子棚札や小型IoTカメラを活用した当社のリテール向けIoTソリューションをご紹介し、店舗作業の自動化、効率化、生産性の向上をサポートします。当該協会並びに会員と協働し、店舗、従業員、消費者、そして環境にとって有益かつ持続可能となる店舗運営の実現を目指します。 SES-imagotagでアジア太平洋地域エグゼクティブヴァイスプレジデントを務めるパスカル ジェルベール・ガイヤールは、次のように述べています。 「日本の流通業界は、物価の高騰、人材確保、eコマースとの競合など様々な課題が山積しています。今回の加入によって、小売業者、商品メーカー、システムベンダー、卸売業者や商社など業態が異なる会員の皆様と連携できることを大変嬉しく思います。当社のソリューションが、日本の流通小売業界に山積する課題解決の一助となれるよう、尽力いたします」


前にもどる
次にすすむ
This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.