Pulse Retail Intelligence 

店舗パフォーマンスの最適化

リテールAIで売上を伸ばし、ムダを省きます。
高性能リテールアナリティクス

店舗改善のための実用的なインサイト

Pulseリテールインテリジェンスは、AIを活用した分析ソリューションで、非効率な部分を特定し、小売業者の収益を改善する実用的な方法を提案します。Pulseは、通路から獲得したデータ、POS(販売時点情報管理)情報、および他社情報源からのデータを分析し、ムダの削減、在庫回転率の向上、店舗ワークフローの最適化を実現します。
FPO_Icon_Transparent

Pulse の特長

  • 在庫のムダを削減

    廃棄物の問題を特定し、個々の商品の廃棄物削減方法について個別のアドバイスを提供 します。

  • 競争力のある価格設定

    競合他社と価格を比較し、自社の価格が有利な場合は自動的に販促メッセージを棚に表示して買い物客に知らせます。

  • データをさらに活用

    品揃えの最適化やオペレーションの合理化を行い、収益へプラスの影響を与えます。データに基づいた選択の重要性を明らかにします。

Pulse Benefits   

Pulse シリーズの店頭での使用例

ソフトウエアシステムの連動、また既存のERPと容易に統合することで、店舗効率を最適化するためのインサイトを提供します。


Pulse が選ばれる理由

custom analysis and reporting

カスタム分析とレポート

お客様のビジネスニーズに合わせたモニタリングとレポートを行います。販売実績を測定し、課題と優先順位をわかりやすく特定します。

AI recommendations

根拠に基づいた意思決定

AIの推奨により、より良い意思決定を行い、製品や価格モデルをシミュレーションし、ROIへの影響を予測することができます。

data from IoT devices

インパクトを即座に測定

店頭のIoTデバイスから得られるデータを活用し、店舗の業績に即座に影響を与えるためのアクションを売り場で実行します。

sales data

販売データの掘り下げ

売上、マージン、バスケットデータ、廃棄、払い戻し、在庫状況などを表示するダッシュボードで、売上情報をすべて把握できます。

信頼できるインサイトによって意思決定を行い、効率が向上

category maangement

Pulse の利点

店舗の売上を管理:在庫管理を改善できる商品を明らかにします。

価格設定の改善:値上げが可能な商品、またはコストが上昇した商品を識別します。

従業員への通知:商品に問題があり、対処を必要としているメッセージを電子棚札に表示して伝達します。

プロモーションの効果を測定:複数店舗にわたるプロモーションや販売活動の効果を測定します。

戦略的に店舗を管理:店舗、カテゴリー、商品の実績を把握し、過去の傾向と比較します。

manage store sales

PulseのROIインパクトを見る

品揃えの改善によるカテゴリー別売上の2%増加

マーチャンダイジングにより売上高が2%増加

競合他社のメッセージングを使用した製品で20%のアップリフト

新店舗で97%のセルスルー

最大15億円のマネタイズ収入

協業モデルのカテゴリーで2%の売上増

Pulse 製品

Pulse 製品の詳細情報

よくあるご質問

どの店舗にも非効率な部分があり、売上、ムダ、利益率などさまざまな面で改善する機会があります。 あまりにも多くのデータがあるため、店舗経営者は何をすべきかわからない場合があります。

Pulseは、SES-imagotag のインテリジェンスインサイトソリューションの一部です。  小売業者のための分析や棚状態の改善を前提として様々なデータ(POSデータ、IoTデータ、他社データ)を取得します。 データはどの店舗・棚も不採算な部分があることを証明し、もっと利益を上げられることが可能です。

店舗は日々、お金をムダにしています。私たちはどの部分が非効率かを示すことが 可能です。 すべての店舗で業績不振が発生しており、PulseはSKUと棚の観点まで掘り下げて、  店舗オーナーが商品に対して容易にアクションを起こせる提言を行い、具体的な結果を迅速に出せるようにします。

ESLのメッセージングやアプリを通じ、 ムダの多さ、価格設定の甘さ、競合との価格比較、店頭で売れない商品、  売れ行きの遅い商品、在庫の少なさ、ギャップ分析、売上減少などといった現場への  インサイトや提案を行います。

成果測定 – キャンペーン(店頭、店舗対店舗、同業者対同業者、製品対製品、地域商品、発売予定商品)

• 店舗(または店舗チェーン)全体における商品のパフォーマンスをモニタリングし、ギャップを特定します。
• プロモーションやその他店内活動の影響を測定(マーチャンダイジング、  改装、マーケティングキャンペーン)
• ESLにメッセージングを適用することで、商品の販売や店舗運営を改善する。

• インサイト – 例えば競合他社より安い商品、廃棄率の高い商品、販売減少傾向の商品、固定価格商品の分析
• ESLメッセージング – ラベル上の自動競合価格マッチング、フロアメッセージによる業務支援)
• キャンペーン – 実績を測定・比較できる商品を選択し、店頭または店舗間で 何が起こっているかを正確に把握

多くのソリューションは、Pulseが店舗に勧める提案と同様に基本的なデータ分析を提供し、Pulseは独自のキャンペーン機能を通じて、  そのようなインサイトの影響を測定し、店舗へ提言します。  市場には、ESL(またはストア内の他のIoT資産)を活用したり強化したりするデータ分析ツールがありません。 Pulseはこのデータを統合し、より適切な提案を行い、顧客が獲得する価値を高めます。

店長/統括責任者、販売部長、価格設定責任者、運営責任者  などです。

店舗取引のデータフィードの提供、 ESLs/Captanaはソリューションに追加できますが、必須ではありません。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.